プロフィール

RSSフィード

ちょいす

Twitter

記事検索

カテゴリー

キーワード

ゲームの神の子 daiのキセキ

ゲーム愛を掲げた出遅れクリエイターのシコウサクゴなあしあと。ゲームや多興味ごとなどをゆるりと。 ゲームに生まれゲームに死す。Since 2006

アクロディアの3Dゲームエンジン「X-FORGE」、ドコモの冬モデルに採用(ITmedia) 

CATEGORY【ニュース

アクロディアの3Dゲームエンジン「X-FORGE」、ドコモの冬モデルに採用(ITmedia)

アクロディアは11月21日、同社とバンダイネットワークスの3Dゲームエンジン「X-FORGE」が、NTTドコモの冬モデル「N-01A」「N-02A」「N-04A」に搭載されたことを発表した。

 X-FORGEは、さまざまなOSやプラットフォーム上で動作する3Dゲームエンジンで、おもに携帯機器向けの高性能なゲームコンテンツの開発に使用する開発キットとして提供している。SDKの中にはゲームエンジン、アーティスト用ツール、ユーティリティなど、ゲーム制作に必要な要素が含まれている。


携帯にもゲームエンジンが積まれたりするんですね。
携帯ゲームも3Dモノがグリグリ動くようになってきたので、
開発の負担もおおきくなり、ゲームエンジンの必要性も出てきたのでしょう。

Google、Second Life的仮想空間「Lively」を終了(ITmedia) 

CATEGORY【ニュース

Google、Second Life的仮想空間「Lively」を終了(ITmedia)

米Googleは11月19日、3Dアバターを作成できる仮想空間「Lively」を年内いっぱいで終了することを明らかにした。

 同サービスは7月に開始された。ユーザーは仮想空間内にアバターやバーチャルルームを作成して、カスタマイズできる。

 Googleは終了の理由について、同社は実験的な試みを支援しているが、そのすべてがうまくいくわけではないと説明している。「厳しい決断だが、われわれはリソースを中核である検索、広告、アプリケーション事業に優先的に振り分けたいと考えている」と同社は述べている。・・・



競合に関しては、安易にすべきではないと何度も自分は言っていますが、
ネット業界の巨人のGoogleでさえこんなだから、
よっぽど力で押しのけられない限り、すべきでないと思ってます。

ほかにも色々と、セカンドライフもどきの仮想空間もののタイトルはありますが、
どれも成功は難しいでしょう。
仮想空間そのものに興味のある人というフィルタでプレイヤーは絞られますが、
さらに、仮想空間モノはプレイの掛け持ちがされにくいので、
あれもこれもと人が集まるようなものではないですね。

概要が発表されたときに、これは厳しいと書いたダレットワールドも、
さびれてしまっているとのこと。
ちなみにソニーのHomeは、ゲーム性をうまくとり入れられれば
成功するのではないかなと以前書いたことがありますが・・・さてどうなるか。
Homeに限らず、これからの仮想空間モノの成功は、ゲーム性が鍵かなと思ってます。

イギリスにて国営の「ゲームアーカイブ」が設立(スラッシュドット ジャパン) 

CATEGORY【ニュース

イギリスにて国営の「ゲームアーカイブ」が設立(スラッシュドット ジャパン)

BBC newsの記事によると、イギリスのノッティンガム・トレント大学と国立メディア博物館によって、ビデオゲームの歴史を保存すべく国営のビデオゲームアーカイブが設立されるらしい。

ゲーム機本体やそのカートリッジに加えて、当時の広告キャンペーンなども収集するといい、「ビデオゲームそのものを保存するだけでなく、当時の人々が実際にプレイしていたゲーム文化を保存したい」とのことだ。また現在、「後世に残すべきゲーム」を教えてくれるように呼びかけも行っている(Save The Video Game)。 ・・・


いいニュースです。有名な迷作も保存されるのでしょうか。