プロフィール

RSSフィード

ちょいす

Twitter

記事検索

カテゴリー

キーワード

ゲームの神の子 daiのキセキ

ゲーム愛を掲げた出遅れクリエイターのシコウサクゴなあしあと。ゲームや多興味ごとなどをゆるりと。 ゲームに生まれゲームに死す。Since 2006

Unity tutorial 球転がしゲーム 002(jp) 

CATEGORY【その他

ゲームエンジン、Unityで球転がしゲームをつくろう。その第2話です。
今回の内容は、主に視点やオブジェクトの基本的な操作と、シーンファイルの保存です。
細かくて見づらいかもしれないので、埋め込みでないHDサイズでの視聴を推奨します。



今回、動画編集の過程で、動画のプロジェクトファイルが壊れてしまいました。
ファイルを読み込みなおしても、そのファイル自体がおかしくなっているようで、
挙動が終始バグバグ&不安定で、すごく手間と労力がかかりました。
そういうこともあり、やむなくツギハギ編集になってしまっています。

次の内容は、物理的な挙動とキャラクタの基本操作を予定しています。

サービス開発のほうがそろそろ黄色信号なので、
作業のバランスをとりながら、機会をみてまた動画をアップします。
タグ: unity  ゲーム  開発  ゲームエンジン  Game  gameengine  ブラウザゲーム  ウェブゲーム  iphone 

Unity tutorial 球転がし 001(jp) 

CATEGORY【その他

Unity、球転がしチュートリアルの一つ目(第一話)をアップしました。
プロジェクトの作成から、基本的なオブジェクトを配置するまでです。



不慣れで手際が悪いのもありますが、編集に異様に時間喰います。
それと、HD表示でないと見づらいかもしれません。
動画の時間が短いですが、またタイミングをみてアップします。
タグ: unity  game  gameengine  iphone  ipod  mac  app  dev  develop  3d 

グーグル、新プラグイン「O3D」をリリース--ブラウザで3Dグラフィックスを実現(CNET Japan) 

CATEGORY【ニュース

グーグル、新プラグイン「O3D」をリリース--ブラウザで3Dグラフィックスを実現(CNET Japan)

Googleは米国時間4月21日、ウェブアプリケーションに、PC上のプログラムが使用可能なコンピューティングパワーを付与する、一連の取り組みの重要な一環として、ブラウザに高速3Dグラフィックスをもたらす新ソフトウェア「O3D」をリリースした。

 O3Dは、Windows、Mac OS X、Linuxのプラットフォーム上で、Internet Explorer、Firefox、Safari、Chromeに対応したブラウザプラグインとなっているが、Googleは、最終的にはブラウザへダイレクトに搭載していきたいと考えている。O3Dは、より高度なゲームおよび他のアプリケーションを実現するように、開発者のウェブベースの JavaScriptプログラムが、コンピュータのグラフィックスチップにダイレクトに連動するインターフェースを提供する。・・・





綺麗ですね。ブラウザ上でハイクオリティでパワフルな3D描画ができるというのは、
今後は珍しいことではなくなりそうです。
スタンドアロンアプリとの優位性の差が、徐々に縮まっている気がします。

使用するプログラミング言語について 

CATEGORY【その他

今のうちにお伝えしておきます。
Unityはいくつかのプログラミング言語をサポートしていますが、
こちらのチュートリアルでは、機能性と応用面を重視し、
MonoScript(C#)をつかって説明を進めていきます。

C#そのもののチュートリアルまでは、自分自身手がまわらないので、
細かい説明はこちらではしないかと思いますが、
もしプログラミング言語に日頃さわられていないようでしたら、
Web上の情報や書籍などを参考に、ステップ・バイ・ステップである程度
(ウォーミング)アップをしておいて頂けると、
後々のチュートリアルなどもスムーズに進められると思います。

プログラミング言語については、
概念がわかれば、あとはすっと理解が進むと思いますが、
適度な難度のプログラム(簡単なコンソールアプリで十分)をつくって
進めていくのが習得の早道だと、個人的に思います。

チュートリアルにかかわらず、
今後私が提供するプログラムやライブラリもC#でつくりますし、C#が使えるようになれば、
(サーバーサイドプログラムを書いて)サーバーをたてたりとか、
スタンドアロンアプリなども開発できるようになります。

ですので、ぜひこの機会にさわっていただければ幸いです。

Unityチュートリアル(0-2) インストール 

CATEGORY【その他

導入の第二話ということで、
Unity本体のダウンロードの次に、インストールを行います。
これも動画にせずともよさそうですが、一応載せておきました。


環境の都合上、再インストールと言う形式でインストール作業を行いました。
個々の環境により少し手順が違うかもしれないですが、大体の操作は同じだと思います。


次は本編に入りたいですが、Unityの基本操作をしつつですかね。
そのうち、Wikiのほうにチュートリアルをまとめます。
こちらは下書きみたいな位置づけです。

毎日アップは厳しいかもしれないですが、また機会をみてアップします。

追記:
入門用のチュートリアルについてですが、
題材は3Dアクションゲームと伝えていましたが、
Unityのインストールが終わってはじめて起動した段階で、
いきなり3Dアクションゲームをつくり始めるのはハードルが高いと思うので、
まずはもっと敷居を下げた内容をサクッと進めたいと思います。
題材は、基本的なオブジェクトを組み合わせて制作できる、「球転がしゲーム」を考えています。

ある程度Unityをいじられている方には物足りないかと思いますが、
徐々に内容を充実させていこうと思いますので、もうしばしお待ち下さい。
タグ: unity  game  gameengine  iphone  ipod  mac  app  dev  develop  3d 

テンプレートの変更 

CATEGORY【おしらせ

動画の領域が枠からはみ出てレイアウトが崩れてしまっていたので、
ブログのテンプレート(デザイン)を変更しました。

Unityのダウンロード 

CATEGORY【その他

Unityチュートリアル企画を開始しました。
まずは導入ということで、Unity本体のダウンロードまでの手順を示した動画です。

動画撮影と編集は、Camtasia Studioを使いました。
(今後もちょくちょく動画を撮ることになると思うので、結局買うことに決めました。)


文章的な説明は強いて必要がなさそうなので、省きます。
次は”インストール”編です。
その次あたりから、本編に入れると思います。

デスクトップやブラウザなど、プライベートな画(え)をさらすことになるので、
色々と掃除してから撮影したのですが、別のPCで撮りたくなりますね。

チュートリアルの環境はWindowsを使用しますが、
Macでも大体同じやりかたで、今後も手順を進められると思います。
サービス開発のほうも並行しないといけないので、適度なペースで続けていきます。
タグ: unity  game  gameengine  iphone  ipod  mac  app  dev  develop  3d