プロフィール

RSSフィード

ベストセラー トップ10

記事検索

カテゴリー

リンク

キーワード

Twitter

ゲームの神の子 daiのキセキ

ゲーム愛を掲げた出遅れクリエイターのシコウサクゴなあしあと。ゲームやインスピレーション事などをゆるりと。 ゲームに生まれゲームに死す。

写真に基づく3D空間構築手法の到達点(A Successful Failure) 

CATEGORY【ニュース

TERAさんのTwitterのつぶやきで知りました。

写真に基づく3D空間構築手法の到達点(A Successful Failure)

一昔前は実世界の建築物を元にウォークスルー可能な3D空間を構築しようと思ったら、まず各部屋の形状を計測器を用いて計測し、その計測結果に基づいて人手でモデル化し、領域ごとにテクスチャを貼り、照明を設定して……と気の遠くなるような作業が必要だった。3D空間の構築は極めてコストの高い作業だったが、近年では2次元画像(実写写真)に基づいた3D空間の構築手法が長足の進歩を遂げており、以前に比べれば極めて低コストに3D空間を構築する事が可能となっている。・・・





ARとかでもそうですが、空間認識や変換技術やらがこの先ずっとホットでしょうね。
3Dモデルでも、基礎モデルは自動・半自動でおこし、
それをベースに、人がキャラの個性や癖づけをするような
手法が確立されるかもしれません。

様々な分野で技術も複雑で高度になり、規模も膨らんでいるのに、
その商品などの価格は上がらない、もしくは下がっているので、
開発の効率化とかの意味でも、ニーズがありそうです。

この記事に対するコメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://dai2pon.blog77.fc2.com/tb.php/2138-c16f9137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)