プロフィール

RSSフィード

ベストセラー トップ10

記事検索

カテゴリー

リンク

キーワード

Twitter

ゲームの神の子 daiのキセキ

ゲーム愛を掲げた出遅れクリエイターのシコウサクゴなあしあと。ゲームやインスピレーション事などをゆるりと。 ゲームに生まれゲームに死す。

Unity3のリリースが間近/Pre-Order販売も じき終了 

CATEGORY【Unity

Unity3のリリースが間近であり、Pre-Order販売もじき終了し通常価格に戻ります。

ソース
Unity 3 Release Real Soon Now(Unity Technologies Blog)

(購入を検討されている方は、早めのご判断を。)

この記事に対するコメント

ついにリリースですか。楽しみですね。
割引価格+円高でユーロ建てなら10万円を切るお値段に!
私は7月頃に購入したので、為替のお陰で今よりは少し高かったのかな。
Beast LightmappingやOcclusion Culling等、新機能が本当に楽しみ。わかり易いチュートリアルが出てくるとうれしいな。
そして以前紹介されていたNode shader editor for unityも楽しみです。
日本語ページもできたし。いよいよですね。
URL | すがも #-
2010/09/21 19:40 * 編集 *

すがもさん、こんにちは。

コメント通知をGMailが迷惑メール扱いをするように
勝手に処理していたので、返信が遅れました。すみません。
(今までは問題なかったのですが。)

お得な購入については、ユーロ建てという作戦もあるのですね。
Unityも機能が増えてくると、情報を追うのも楽ではないので(特に新規使用者は)、
日本語のドキュメントやチュートリアルも増えるといいですね。
特に使わない機能などは忘れやすいので、ざっと復習するのに
そういったコンテンツがあると助かります。

Unityでもゲーム全般でもそうですが、
最近は海外の個人/インディーの作品はレベルの高い物が増えてきたので、
自分含め、日本もがんばらねばなぁと思ったりしています。
URL | dai #HPrAAtyk
2010/09/23 08:46 * 編集 *

こんにちは。いつも新鮮な情報をありがとうございます。
やはり「崇城大学の日本語訳ドキュメント」、「崇城大学版Lerpz Escape」、そして「球転がしゲーム」。
この3つのunity3Dにおける日本語解説は、初学者の私に「これなら出来る」と自信を持たせてくれたドキュメントです。
そのお陰でOcclusion Cullingのチュートリアル動画を見ながら、自分で実装できるまでになりました。
恐らくこれらの日本語解説が無ければ、たとえ動画を見たとしても実装の途中で躓いていたでしょう。

さて、unity3Dを使った同人ゲームと言えば、(制作方針の転換が発表されましたが)ストライクウィッチーズのゲームですね。
このゲームの動画を見ているととても刺激になります。
URL | すがも #-
2010/09/24 05:53 * 編集 *

崇城大学の翻訳ドキュメントは、日本語圏の初学の方には本当助かる貴重な存在ですよね。

自作の玉転がしチュートリアルは、
初心者の方が難しく考えずに積極的にチャレンジできる、
したいと思わせるような日本語のリソースがあればと考えて、つくってみました。
途中となっていて完遂できておらず情けないのですが、
少しでも手助けとなったのならば、うれしいです。

ストライクウィッチーズのゲームは、うまくUnityの機能を活用し、
システム面の実装コストをふくらませすぎずに、見映えの良い内容になっていますね。
CG系の開発者の方は、あのようなアプローチが上策だと思います。
Unityを使えば、こんなことも個人でも実現できるんだなぁと、
動画を見た人のモチベーションが上がるような、これまた貴重な存在です。

自分もそろそろ、自主系のタイトルもこしらえていきたいなぁと
しみじみ思うこのごろです。
URL | dai #HPrAAtyk
2010/09/24 08:14 * 編集 *

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://dai2pon.blog77.fc2.com/tb.php/2333-3e995b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)